実印は重要種類作成の最終プロセス【簡単にハンコをペッタンはNG】

笑顔

社内システムのコスト削減

スーツ

社内システムの負担

多くの企業には、自社内にITシステムが構築され、独自に運用されています。システムには、基幹となる生産管理や販売管理、一般会計、人事管理および給与計算など様々な種類があり、いずれも企業の業種や業務、そして、戦略に対応したシステムです。これらのシステムを構築するには相当な期間とコストを要します。さらに、運用していくにもコストはかかり、どんなに素晴らしいシステムであっても、法改正が発生したり、景気や経済状況の変化に伴って戦略を変更すれば、その度にシステムの変更を迫られます。システムは生き物なので、維持していくのも安い費用では収まらないことがあり、企業にとっては大きな負担となります。果たして、全てのシステムを自社で開発したり、保有する必要があるかが問われています。逆に言えば、外部の業者に委託することで企業の負担を削減できるものもあります。その代表例が給与計算代行業者の存在です。

外部委託によるコスト削減

前述したように、システムには企業毎に独自の特色が必然的に現れます。しかし、給与計算に関して言えば、業種・業態や企業規模が違っても、毎月の給与計算処理から年末調整まで、いずれの企業も同様のサイクルで処理されます。そして、担当者が毎日のようにデータ入力を行なう業務ではありません。つまり、給与計算代行業者に委託しても、企業の戦略や収益に影響を与える可能性が低いと言えます。逆に言えば、自社内のシステムから給与計算を切り離すことで、構築から保守運用までのコストや労力を削減できるメリットがあります。給与計算代行を外部業者に委託した場合でも、従業員の基本情報の保守は必要ですが、従業員の勤怠や残業時間情報さえを入力すれば、毎月の給与計算から賞与、年末調整までを代行業者が行なってくれます。さらに、法で定められた一定期間のデータの保存についても責任も持ち、必要に応じて検索可能なシステムになっているのが一般的です。給与計算代行業者に一定の業務を委託することで、余裕ができた人員を他に割り当てることが可能になります。